Cr2N 鏡面及び離型対応仕様

鏡面の傷つき保護、耐摩耗、耐食の改善

一般的なコーティングでは難しい、凹凸を嫌う鏡面に成膜可能なプロセスで、表面荒れを発生させない特別な工程を用いて処理をするので、面精度の高い成膜面を実現させました。転写にうるさい製品の成形でも十分に対応可能なレベルにあります。
処理実績としては、医療関連、光ディスク関連、レンズ関連、自動車関連の鏡面部品に多くの実績を持ち、最近ではLED成形型、BeCu素材の鏡面の保護膜、Ni電鋳を施した加工面の保護と高寿命化向けにも採用されております。

BeCu(ベリリウム)へのCr2N処理(鏡面保護+離型改善)
BeCu(ベリリウム)へのCr2N処理(鏡面保護+離型改善)

樹脂成形における離型性の改善

Cr2N膜は標準的なCrN膜よりも潤滑性、馴染性が高く、万能とは申しませんが離型性を改善することが可能です。特に鏡面仕上げをした表面の場合、面粗度を変化させる表面処理等とは相性が悪く、そうした限られた条件内での改善を模索する場合は、是非当社のCr2Nを選択肢の一つとしてご検討ください。

鏡面金型へのCr2N
鏡面金型へのCr2N

これらの詳細につきましては、また処理をご検討の際は当社HP『お問い合わせ』よりご連絡ください。