PVD Coating

各種複合処理について

過去を見てロングラン成形に耐えうる複合対策の要求が圧倒的に多かった時代も、ここ近年は多品種少量生産が増えたことで、焼入れをせず表面処理だけでの対策で終えるケースが増えております。
とはいえ、ここにきて環境物質に適合した樹脂への切り替え起因の問題や、なにより増えているのは『GF含有率の高い樹脂成形での耐久性の改善』なのです。
結局のところ多品種少量生産と言われても樹脂パーツの高度利用、高品質多機能化は進んでいるようで、今は高精度を要求されつつの複合処理になりますので、レベルの高い対策が必要とされている状況と推察しております。
当社ではそうしたご相談、要求品質に対応すべくノウハウがございます。
特に昨今での焼入れを検討しない複合対策では多くの実績を有しており、事前にお問い合わせを頂ければ金型を仕込む前でのご提案も可能です。
今のところ大半は結果的に複合処理せざるを得ないケースですので、内容をお聞きしてできるだけのご提案はさせて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

ご採用のポイント

  • 複合処理せざるを得ない時、焼き入れ型では熱処理条件との兼合いで表面処理が難しい、リスクがあるケースが多いです。よって焼入れ型につきましては、お手数をおかけしますが熱処理条件等を詳細にお知らせください。
  • 基本的に自社対応できる工程を基準にご提案させて頂きますので、他社表面処理をご希望の場合は、お客様でご手配頂く事となります。